Web予約 予約サイトuri

一般眼科

ものもらい(麦粒腫)、霰粒腫、かゆい、目やにが出るなどのアレルギー性結膜炎、他の結膜炎、眼の痛みから視力低下、 ちらちら飛んでいるものが見えるなどの飛蚊症を伴う眼底疾患、緑内障検査(視野検査は予約制)まで 各種眼疾患に対応いたします。当院で対応出来ない疾患に対しましてはしかるべき施設を紹介致します。 また、セカンドオピニオンにも対応いたします。院長診察日に検査結果などが借れましたらお持ちください。 診察結果はなくても診察、アドバイスは可能です。


麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

俗に、「ものもらい」「めばちこ」といわれるもので、まぶたの一部が、麦の形に腫れるところから、 「麦粒腫」という病名がつきました。
この病気は、まぶたの脂腺や汗腺、またはまぶたの中の瞼板腺(マイボーム腺)に細菌感染し、 まぶたの一部が赤く腫れて痛み、化膿する病気です。
脂腺や汗腺にできたものを「外麦粒腫」、瞼板腺にできたものを「内麦粒腫」といいます。
自然に治ることもありますが、こすったり、押したりすると、炎症が周囲へ広がり、治りがおくれるので、 いじらないこと、飲酒は控えることが大切です。
抗生物質を内服、点眼し化膿した場合には、切開して膿を出すと早期に消炎出来ることがあります。
まぶたの広い範囲に炎症がおよんだものを眼瞼蜂窩織炎といい、これが化膿して膿が溜まったものを眼瞼膿瘍といいます。 ここまで悪化する場合抗生剤を点滴し治療することもあります。
麦粒腫は、一度できると、度々できることもあります。
この原因には、不潔な生活環境や慢性結膜炎、偏食による栄養障害(たとえば甘いペットボトル飲料の多飲)や糖尿病などがあり、 とくに繰り返しできる場合には、原因を確かめ治療することも必要です。
最近では、耐性菌(通常の抗生剤が効かない)による場合もありこの場合有効な抗生剤の選択に時間がかり治療が長引くことがあります。


結膜炎

結膜(けつまく)は目の表面をおおう薄い透明な粘膜で、黒目(角膜)(かくまく)のまわりの白目の表面(眼球結膜)と、まぶたの裏をおおうピンクの部分(眼瞼結膜)からなっています。
結膜炎になると白目が充血して赤くなり、「めやに」がでたり、涙がでたりします。
まぶたがはれることもあります。その原因には、細菌、ウイルス、クラミジアなどの病原体や、花粉やハウスダストによるアレルギーがあげられます。
結膜炎の原因は、見た目だけでは確定は出来ませんが、特徴的な症状が出ることがあります。
細菌性結膜炎では黄色い粘り気のある「めやに」がでることが多く、アレルギーでは白っぽい糸をひくような「めやに」がでます。
細菌性結膜炎では抗菌薬を2〜3日点眼すれば、症状が改善して治りますが、淋菌のように総合病院眼科、泌尿器科併診治療が望ましいもの、進行が早く角膜穿孔、失明の原因になる結膜炎あり注意が必要です。
ウイルス性結膜炎には、今のところ特効薬はありません。(一部の抗アレルギー薬が有効との報告もありますが)
感染したウイルスに対する免疫ができて、治癒に向かいますので通常2〜3週間かかります。
その間細菌による2次感染や症状を軽減するため、抗生剤や消炎剤を点眼して頂くことが一般におこなわれます。


霰粒腫

霰粒腫の霰はあられのことで、結膜、眼瞼にあられのようなしこりができるので、 「霰粒腫」という病名がつきました。
この病気は、まぶたの中の油分を出す腺、瞼板腺(マイボーム腺)に分泌物が詰まって貯溜し、周囲に慢性の炎症を起こす病気です。
急性炎症性霰粒腫といって、細菌感染をおこし、赤く腫れて痛むこともあります。通常この状態になり受診される方が多く、まず急性炎症を内服、点眼などで治療します。
通常はれ、赤みが引いた後も腫瘤がのこります(この点がものもらい(麦粒腫)と違う点です)、この腫瘤は数ヶ月で吸収されることもありますが、治療期間内でも大きくなることがあります。
大きくなった場合、ステロイド懸濁液注射にて改善する場合があり、切開前にこの治療を選択することも可能です。
ステロイド懸濁液注射無効例では、切開し霰粒腫を摘出します。高齢の方では、肉眼的に見た目は霰粒腫と見分けがつかなくても、まれに悪性腫瘍であることもあり、病理検査を行うなど注意が必要です。


翼状片

翼状片は、白目にあたる結膜の下にある線維芽細胞が増加し、 黒めにあたる角膜へ入り込んできたために生じ、結膜は角膜内に侵入してきます。
翼状片は、通常鼻側から角膜に侵入しますが、そのため翼状片が中央へ進行するにつれ角膜乱視が出現し、 さらに翼状片が黒目の中央にまで侵入すると視力は非常に低下します。


眼瞼内反症

まぶたが眼球側に折れかえり、まつげや皮膚が眼球をこすり、角膜や結膜に障害を生じる病気です。
類似疾患として、瞼の向きは正しくてもまつげだけが間違った向きに生える睫毛乱生症(しょうもうらんせいしょう)もあります。
皮膚側が余るか、結膜側が短くなるかでおこります。
分類としては、

  1. 老人性内反症:まぶたの皮膚側が相対的に余ってくる
  2. 先天性内反症:下まぶたの皮膚や眼輪筋が生まれつき多すぎる
  3. 瘢痕性内反症:粘膜の病気(例:類天疱瘡、スティーブンスジョンソン症候群など) で結膜が短く(瘢痕萎縮)なって生じるものなどがあります。


眼瞼外反症

まぶたが皮膚側に折れかえり、目を閉じるのが難しくなり、結膜が乾燥したり、炎症をおこしたりします。
原因としては、次のようなものがあります。

  1. 老人性外反症:眼瞼の縦方向、横方向の緩みがあり、まぶたの皮膚が相対的に不足してくることで生じるもの
  2. 麻痺性外反症:顔面神経麻痺により、眼輪筋が緩み、下眼瞼が外反してしまうもの
  3. 瘢痕性外反症:皮膚が外傷、熱傷、紫外線障害などで短くなって生じるものなどがあります。


角膜疾患

角膜の病気を大きく分けると、遺伝が関係している角膜ジストロフィーと呼ばれているものと、そうでない角膜炎や角膜変性と呼ばれているものの、2つに分けられます。
しかし、ジストロフィー疾患の中でも、変性という病名がついているものが多くあります。
ジストロフィーの多くは、大抵は充血しないで、両眼にほぼ同じような変化が起こり、次第に進行しますが、中には充血を伴い角膜炎との区別がつきにくいものもあります。
角膜炎の場合には、角膜の周囲に充血が起こることが多いのですが、原因としてわかっているものには、細菌や真菌、ウイルスの感染、アレルギー反応、栄養障害などがあり、原因不明のものも多くあります。
角膜にできた傷が浅い場合には傷跡を残しませんが、傷が深い場合などは、瘢痕となって白い混濁を残して治ることもあります。
この濁りが瞳孔の前の部分にできると、視力に障害をもたらします。

日吉東急鈴木眼科TOP診療一般眼科白内障・緑内障とは?日帰り白内障手術多焦点レンズによる白内障手術網膜硝子体疾患と網膜・硝子体手術マップ求人案内医師略歴