Web予約 予約サイトuri

白内障とは?

水晶体は目の中にあって、カメラのレンズに相当するものです。年齢とともに、水晶体は徐々に濁ってきます。
その水晶体が多くは加齢ともに黄色をおび濁ってきた状態をいい軽度なものから高度な視力障害を起こすものまで様々です。60歳では程度の差はありますが、70%の方は白内障を有しているといわれて おります。40代の方でも少数では、ありますが若白髪があるように持っている方や、アトピー性皮膚炎、糖尿病、疾患にてステロイド内服が必要な方では、若くして進行することもあります。
光が眼底にきれいに到達せず、かすんで見える、光が乱反射してまぶしく感じ視力の低下が起こります。進行すると現在日本では、ほとんどありませんが、高進国では未だ失明原因となっております。
原因としては、加齢によるものが、最も多いのですが、アトピー、糖尿病、ぶどう膜炎などの疾患、その他に外傷(昔、眼打撲を経験された方)、放射線、紫外線、ある種の薬物(ステロイド)の使用 も白内障の原因となることがあります。


視力障害の原因にならない軽度な白内障(周辺部のみ)


高度な白内障


緑内障とは?

目をカメラにたとえると、外から入った光は角膜、虹彩、水晶体、硝子体を通過し、フィルムの 働きをする網膜にピントが合うしくみになっています。網膜で受けた光は、視神経を伝わって脳の視覚中枢に達して、ものを見ることができるしくみとなっています。 この経路のどこに病変があっても、ものを正常に見ることはできません。
緑内障はそのうちの視神経が、眼圧、血流障害、神経の加齢的脱落(アポトーシス)などにより障害され視野が欠け、進行し中心部分に視野障害が及ぶと視力も低下していく病気で一度障害を受けた視神経もとに戻す方法がなく進行を止めるもしくは、遅らせることが治療の目標となります。早期発見、早期治療が重要です。

緑内障の種類

眼圧(目の張り)が正常に保たれる為には、目の中を満たす房水が、正常な量作られ吸収され絶えず循環することが必要となります。毛様体と言う場所でつくられた房水は、水晶体や角膜に栄養し、角膜と虹彩の間の隅角から流出していくことにより、眼圧が正常な値に保たれています。
ところが緑内障では、房水流出部位である隅角になんらかの異常、により眼圧が上昇する、視神経循環障害、遺伝的要因などによって視神経が障害され視野がかけてくる病気です。
原因によって緑内障は、原発緑内障(特に原因がないもの)、続発緑内障(他の病気にひき続いておこるもの)、先天緑内障(隅角の先天異常)の大きく3つの種類に分けられます。
隅角の形態により、閉塞隅角(緑内障)と開放隅角緑内障(正常眼圧緑内障、隅角発育異常緑内障 などを含む)に分けられます。


緑内障の症状

初期では、症状に乏しく気づかないうちに進行していることがあります。
視神経が障害されると徐々に脱落してしまい、その部分の情報は脳に伝わらなくなり視野が欠けてしまいます。
日本で約70%を占める正常眼圧緑内障では非常に緩徐に進行するため、気づきにくく緑内障の初期にはほとんど視野欠損を自覚することはありません。
長年かかって、視神経線維の50%が障害を受けはじめて、視野の異常に気づくことがほとんどです。両眼で見ていることも手伝い、見えにくいとは感じず長い間過ごし時に眼科検診、人間ドック等にて 発見されることが多い様です。
急性の閉塞隅角緑内障の発作について白目が強く充血して今まで経験したことのない強い目の痛みや頭痛、吐き気がして急に目がかすむ等の症状が出現した場合、直ちに点滴処置、レーザー、内眼手術設備のある眼科(当院は理事長在院時対応可能です)を受診してください。そのままにしておくと数日で失明する場合もあります。


緑内障の検査

●眼圧測定

眼圧は血圧と同様1日の中で変動します、時に1日在院していただき、2時間毎に眼圧計で測定させていただく場合があります。また、来院時間を意識的に変え測定することもよい方法です。一般に10〜21mmHg正常範囲となります。正常眼圧緑内障では、この範囲にもかかわらず緑内障性視神経変化が視神経に現れます。


●眼底検査、眼底写真、眼底3次元解析(OCT)検査


OCT(RS-3000)

網膜の神経繊維層、視神経乳頭くぼみを中心に検査を行います。
視神経乳頭は視神経の繊維が束となり、視神経が消失するとその部がへこんだり(視神経乳頭陥 凹)、変形し大きくなったりします。
検眼鏡や生体顕微鏡で眼底を調べる方法、眼底カメラで記録する方法、画像解析装置を用いる方法などがあります。




●視野検査

視野の欠損(見えない範囲)の有無、範囲の大きさから緑内障の進行度を判定します。(静的視野計・動的視野計がございます)
通常、コンピュータを組みこんだ精密な視野検査をくり返し行って、病気の進行状態を調べます。
(当院の静的視野計は、より初期の変化を検出出来るブルーオンイエロー視野対応品ですが・・あまり一般的ではなくあまり使いませんがご希望があればご相談下さい。通常の30-2、10-2等のプログラムで測定しております)



ハンフリーフィールドアナライザー(ブルーオンイエロー視野対応)

隅角検査も緑内障の種類を見分ける上で重要です。 これらの検査を何回もくり返して、緑内障の状態を判断し、さらに病気の経過を観察するために3〜6ヵ月間隔で定期的に検査を行います。


緑内障の治療

視神経は、一度障害されると回復することはできません。
そのため緑内障の治療の目標は、緑内障がそれ以上進行しないようにすることです。
早期に発見して、より早く治療を始めることが、緑内障による失明を防ぐ決め手となります。


●治療の原則は点眼薬

緑内障の点眼薬には、房水の産生を減少されるものと房水の流出をよくすることにより眼圧を低下させるのが目的です。
点眼薬は、患者さんの様子をみて、低濃度から高濃度のものに変更することがあります。また点眼薬が2種類以上に増えることもあります。眼圧を低下させるために、内服薬を使うこともありますが、副作用や、同様な成分の点眼薬が利用できるようになり、長期間は使用することは少なくなりました。
最近の緑内障の点眼薬は、目や全身への副作用が少なくなりましたが、異常を感じたらすぐに眼科医に相談してください。
喘息、心臓病、腎臓病などの持病のある患者さんも、かならず眼科医と十分相談してから薬物療法を行ってください。


●レーザー治療

薬物療法だけでは眼圧が下がらない場合、レーザー治療を考えます。
レーザー光を用いるので、切開をせず、外来でも行うことができます。なかでも閉塞隅角緑内障、落屑症候群による緑内障には効果があります。しかしレーザー治療は、どのタイプの緑内障にも適応できるわけではなくまた2年程度で効果が切れる場合もあり、眼科医との十分な相談と受ける方の理解が必要となります。


●手術治療

薬物療法やレーザー治療でも効果が思わしくないときに行います。
房水が通る道を拡げる、新しく作る、毛様体での房水を産生抑制し眼圧を下げますが、ときに再手術が必要になることもあります(開放隅角、正常眼圧緑内障例では、5年で60%程度の有効率)。当院にても日帰りにて手術は可能ですが、ご高齢になってから起こる濾過胞炎、眼内炎等の合併症もあり積極的には行わず眼圧が非常に高い場合のみ施行いたしております。
正常眼圧緑内障で、手術療法を希望される場合はより専門性の高い病院にてご相談をお願いしてお ります。
先天緑内障や急性の閉塞隅角緑内障では、まず手術治療を選択します。

日吉東急鈴木眼科TOP診療一般眼科白内障・緑内障とは?日帰り白内障手術多焦点レンズによる白内障手術網膜硝子体疾患と網膜・硝子体手術マップ求人案内医師略歴