Web予約 予約サイトuri

多焦点眼内レンズによる白内障手術

現在、白内障手術で使用されている眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」といい、遠くなら遠くだけ、近くなら近くだけ...という様に、1つの距離に焦点を合わせたレンズです。多焦点眼内レンズは、遠方と近方がある程度見やすくなり眼鏡の必要度を少なくなります。眼鏡の遠近両用、コンタクトレンズの遠近両用タイプを快適に使用されていた方で乱視の少ない方はある程度良い結果が得られ場合が多いです。


単焦点眼内レンズでピントを遠くに合せて手術を行った場合

携帯電話などの近くを見る時には老眼鏡が必要になります。



ピントを近くに合せて手術を行った場合

遠くの時計や風景を見る時にはメガネが必要になります。



多焦点眼内レンズ手術の場合

遠距離と近距離に焦点が合うような設計で、従来の単焦点眼内レンズに比べ、遠くにも、近くにもメガネなしで焦点が合いやすくなります。 (見えづらさが残る場合眼鏡が必要な場合があります)



デメリットとしては、コントラスト感度の低下(くっきり度)、グレアー、ハロー(夜間光がまぶしい)、が単焦点眼内レンズより気になる方が多い。
中枢(脳)の適応の問題で多焦点眼内レンズでは見づらく、単焦点眼内レンズに入れ替え(追加費用が発生します)が必要になる方もいることが知られており、術前に十分ご理解を頂いた上でお受けいただいております(合う人、合わない人をいると言うことです)。


日吉東急鈴木眼科TOP診療一般眼科白内障・緑内障とは?日帰り白内障手術多焦点レンズによる白内障手術網膜硝子体疾患と網膜・硝子体手術マップ求人案内医師略歴